会長方針

2018~2019年度
釧路北ロータリークラブ
会長 小林裕幸

「Fateful meeting」~出会いを重ねて~


 ジョンFジャームRI会長は「人類に奉仕するロータリー」という壮大なテーマを掲げ  創立時、そして現在に至るまで、たくさんの人たちとの運命的な出会いを重ねて現 在の釧路北ロータリークラブがここにあります。 fateful→運命的・meeting→出会い親睦と友情を深め数々の奉仕事業 に取り組んできたこのクラブが、これからもより多くの出会いを重ねて、さらなる飛 躍ができるロータリークラブとなるように本年度のクラブテーマとさせていただきま した。 バリー・ラシンRI会長は、「インスピレーションになろう」というテーマを掲げま した。 ロータリーはかつてないほど重要な存在になっているが、ロータリーそしてロータリ ーの活動の認知度が低い事を指摘されています。 北ロータリークラブは今年度の活動を地域社会に広く認知されるよう例会・事業に真 剣に取り組みその結果、会員増強につながることが重要であると考えます。 次に細川ガバナー方針「行動するロータリー、つながるロータリー~ロータリーの未 来を考えよう~」とあるように、ロータリアンとして自覚と誇りを持って活動するこ と、会員基盤を強固なものにすること、未来を考え若いメンバーを勧誘すること、こ れらは地域の高齢化、人口減少問題を考えた時にロータリークラブの活動が衰退する ことなく、存続させることがいかに大切なことか、北ロータリークラブとしてもしっ かりと考えていけないことと考えます。 「時流は変わるもの」・「時代は創るもの」 近年、当クラブは、多くの若い会員を擁するクラブとなりました。会員拡大に積極的 に取り組んできた当クラブの成果であると同時に未来の釧路北ロータリークラブにと って大変重要な部分となります。 今後、ロータリークラブでの経験年数を重ねることにより、クラブ運営を担っていく 人材となっていくこととなります。本年は創立60周年記念式典・IMのホストクラ ブとしての事業が挙行される年でもあり「経験は力なり」という言葉のとおり多くの 経験を重ねていただき「時流を変えるロータリアン」・「新しい時代を創るロータリ アン」として成長する機会を積極的活用してください。 今年度は、会員の皆様には通常の例会・事業の他に創立60周年・ガバナー補佐の輩 出・IMのホストクラブとして、ご苦労をかける年度となります。会員の皆様には、 60周年の村井実行委員長、小野寺ガバナー補佐を十分に支えていただきますことを お願い申し上げます。 最後に、クラブが正常に機能するためには、会員同士の親睦と友情が強固なものにな る事が前提で、そしてその先にあるものが奉仕ではないでしょうか。日々感謝の気持 ちを忘れず、驕ることなく微力ながら会長職を邁進してまいります。 幹事の職を快く引き受けていただいた大友幹事、理事・役員・委員長、そして会員の 皆様一年間、よろしくお願いいたします。


ページトップへもどる

お問い合わせ

adress
釧路市幸町14丁目1-1ノースコートサンスイ2F
E-mail
info_north@rc-kushiro.jp
Tel
0154-23-6175
Fax
0154-23-6213

例会場

釧路プリンスホテル
adress
釧路市幸町7-1
Tel
0154-31-1111