会長方針

2017~2018年度
釧路北ロータリークラブ
会長 森山 義文

「クラブ創立60周年に向かって、全会員が主役!!」


 ジョンFジャームRI会長は「人類に奉仕するロータリー」という壮大なテーマを掲げ 1958年に創立した釧路北ロータリークラブは今年度で私が60代目の会長となりま す。私が入会した1996年(平成8年)には坂本ガバナーが輩出され大変盛大な地区大会 が開催されました。また翌年には村井力特別代表の元、現在の釧路ベイクラブの創立な ど大変忙しい年度であったことが記憶に残っています。私は入会して21年目になり、 歴史と伝統ある我が釧路北RCの60番目の会長となります。今年度国際RCのイアン・ラ イズリーRI会長の提唱する「ロータリー:変化をもたらす」のテーマを理解し、我が釧 路北RCにおいてはあらゆる世代の会員がいることを自覚、考慮しながらあくまでもノー プロブレムな範囲の中ではありますが今後のクラブ発展につながるような変化に挑戦し 、実行していきたいと考えています。全会員がクラブ運営の重要な一員であることを強 く自覚していただきます。釧路北RCの会員はいうまでもなくお一人お一人が各職業専門 分野のプロ集団であります。それぞれが企業の経営と裁量権をお持ちになっています。 したがってクラブは大きな責任と強いプライドを持った会員の集合体であり、素晴らし い能力と強い実行力を持っています。ですからクラブには常に脇役のままという会員は 一人もいません。特定の会員だけが目立つのではなく、60年という節目の年度を迎え クラブ会員お一人お一人が主役であるということを強く自覚していただきたいと考えま す。また成瀬地区ガバナーが<地区活動目標>の中でも述べておられる【高潔性】をも って約束を守り抜き、倫理を守ることを実践しつつ、これからも【奉仕】を通じてクラ ブ全会員が成長し発展し続けるためのクラブ運営をさせていただきます。ロータリーク ラブは多くの素晴らしいロータリアン同士の出会いの場であります。若い有能な会員が 数多く入会している現状ですが、やはり通常の例会だけでは意思の疎通やコミュニケー ションを思うように十分にとることが出来ません。新入会員を常に入会させる努力は当 然ですが、在籍会員の退会防止にも最大限の努力を払い、そのための何らかの手段、方 法をクラブ運営の変化として取り入れていきたいと考えます。聞く耳を持たなければ聞 こえないですし、見る目がなければ見えてきません、会員同士のコミュニケーションを 重要視することで自分も成長し変わっていきます。それこそが次の70年に向ってクラ ブが成長し、素晴らしい変化につながっていくと信じています。さらに今年度は次年度 開催される60周年記念事業、インターシティミーティング(IM)を大成功に導くため の準備年度としても位置付け、次年度の小林会長エレクトに引き継いでいきます、釧路 北RC全会員の皆様の絶大なご協力をどうぞよろしくお願い申し上げます。


ページトップへもどる

お問い合わせ

adress
釧路市幸町14丁目1-1ノースコートサンスイ2F
E-mail
info_north@rc-kushiro.jp
Tel
0154-23-6175
Fax
0154-23-6213

例会場

釧路プリンスホテル
adress
釧路市幸町7-1
Tel
0154-31-1111