会長方針

2016~2017 年度
釧路北ロータリークラブ
会長 富樫 孝之

「堅実な精神で誠実な奉仕を」


 ジョンFジャームRI会長は「人類に奉仕するロータリー」という壮大なテーマを掲げ ました。「個人の努力は個々のニーズに向けることができます。しかし大勢の努力の結 集は人類の奉仕に捧げなければなりません。結集された努力に限界というものはありま せん。」とポールハリスの言葉を引用しているとおり、ロータリーの発展には会員の情 熱と粘り強さ、そして何よりも高潔さをもって取り組む姿勢が大事であります。私たち ロータリアンは様々な分野で熱心で高い能力の職業人が集まり、壮大な目標を実現でき る団体なのであります。 またガバナー方針の「ロータリーのあしたのために積極的に行動しよう」とあるように ロータリアン一人ひとりの積極的な行動はクラブの活力となります。そしてその活力が ロータリーの活力となるのです。  我が北ロータリークラブは2年後に60周年という大きな節目を迎えます。過去には 100人を超す会員を擁し、両角・坂本・足立・3ガバナーを輩出しており、地区大会 や様々な行事など見事に成功させ、かつロータリーに大きな影響を与えているクラブの 一つでもあります。時代の背景で会員数も減少を余儀なくされておりますが、多くの先 輩達の創始の精神を原点に、守るものは守り、維持・成長のためには臨機応変に対応す る必要があります。前年の佐渡年度同様、我々の活動をこの地域社会に広く認知された ことはとても重要であり、しっかりと継続してまいります。             自信を持って奉仕活動をするためには、まず私たち会員一人ひとりが抱えている日常、 職業が充実していることが理想だと思います。堅実に考え、生きていればこそと感じ、 その思いで「堅実な精神で誠実な奉仕を」と会長方針にさせていただきました。 クラブの原動力、やはりそれは会員同士の友情と親睦ではないでしょうか。親睦と奉仕 は両輪であります。例会を楽しく明るいものにし、退会者が出ない、入会するに値する 魅力あるクラブとして存在し、そしてロータリーの意識が日常の一部となるような、全 員参加型で有意義でメリハリの効いたクラブ運営を目指します。 最後に私自身、ローターアクトクラブの卒業生でもあります。20代の若い時代に普段 知合いになれるはずも無い異業種のロータリアンの素晴しい諸先輩に多くを教わり、今 日に至っております。私自身、会長の力量には足りてないことは十分自覚しております が今まさに感謝と恩返しの思いを込めて力の及ぶ限り、会長職に邁進してまいります。 どうぞ宜しくお願いいたします。


ページトップへもどる

お問い合わせ

adress
釧路市幸町14丁目1-1ノースコートサンスイ2F
E-mail
info_north@rc-kushiro.jp
Tel
0154-23-6175
Fax
0154-23-6213

例会場

釧路プリンスホテル
adress
釧路市幸町7-1
Tel
0154-31-1111