会長メッセージ

2016-2017年度
国際ロータリー
会長John F. Germ

『人類に奉仕するロータリー』


 今日、私たちが迎えようとしている新年度は、いつの日か最大の偉業を成し遂げた年と してロータリーの歴史に刻まれるかもしれません。それは、世界で最後のポリオ症例が確 認された年です。2015年には天然ポリオウィルスによるポリオ発症例はわずか74件にとど まり、すべてアフガニスタンとパキスタンで確認されています。私たちはポリオ撲滅とい う目標に向けて懸命な活動を続けつつ、さらにその先を見据えなければなりません。つま り、この成功を活かしてさらに大きな目標の達成に向けて準備をするのです。 ロータリーの将来にとって、ポリオ撲滅におけるロータリーの役割が広く認知されること はきわめて重要です。私たちが成し遂げたことを知ってもらうことで、パートナーや資金 を集めること、さらには会員を惹きつけることができるようになり、より大きな目標を達 成することができるようになります。RI本部ではそのようなロータリーの功績について認 知度を高めるため日々努力していますが、本部だけでは成しえません。皆さんにも、クラ ブを通じて地域社会でロータリーとは何か、どんなことをしている団体なのかを広く伝え ていただく必要があります。各ロータリークラブが、ポリオがついに撲滅される瞬間に立 ち会う準備ができていることを確かめる必要があるのです。なぜなら、よいことをしたい と考えた人びとがロータリーこそ世界を変えることができる場所だと思った時に、どのロ ータリークラブでもその機会を提供する準備が整っていることが必要だからです。 今後数年間でさらに「人類に奉仕するロータリー」を実現するには、自ら進んで奉仕活動 に参加し、いたわりの心と聡明な頭脳を持った多くの人が参加して活動を進めていく必要 があります。私たちが求めているのは、ロータリーの奉仕活動を若い会員や引退したばか りの人びと、さらに在職中の人びとにもアピールするような、柔軟なクラブです。新たな パートナーシップを求め、門戸を開いて他の団体と連携関係を結ぶことが必要です。 将来を見据え、リーダーシップの継続性についても優先順位を明確にしなければなりませ ん。ロータリーの一員である私たちは皆、同じチームとして同じ目標に向かって努力して います。一緒に目標を達成するには、共に同じ方向へと進まなければなりません。 ロータリーで奉仕する毎日には、人びとの生活を変える機会が与えられています。皆さん の行動一つひとつが重要な意味を持ちます。一つひとつの「よいこと」が私たち全員にと ってよりよい世界を作るのです。ロータリーでは新たな年度を迎えるにあたり、「人類に 奉仕するロータリー」を通じて世界をよりよい方向へ変える新しいチャンスが私たち全員 に与えられています。


ページトップへもどる

お問い合わせ

adress
釧路市幸町14丁目1-1ノースコートサンスイ2F
E-mail
info_north@rc-kushiro.jp
Tel
0154-23-6175
Fax
0154-23-6213

例会場

釧路プリンスホテル
adress
釧路市幸町7-1
Tel
0154-31-1111