◎会長方針

釧路南ロータリークラブ テーマ

『 希 望 』

2022-2023年度釧路南ロータリークラブ第41代会長を拝命いたしました。
菊地祐司と申します。
RI会長ジェニファーE.ジョーンズ氏は「イマジン ロータリー」とテーマを掲げました。
想像して下さい、私たちがベストを尽くせる世界を。私たちは毎朝目覚めるとき、その世界に変化をもたらされると知っています。昨日のことをイマジン(想像)する人はいません。
それは未来を描くことです。と語っています。そうです、私たちは未来を想像しながら生きているのです。
また、本年度RI2500地区久木佐知子ガバナーは、「ともに紡ごう! ロータリーの未来へ」と地区テーマを掲げています。DEI(多様性、公平さ、インクルージョン)を取り入れクラブの活性化に努めることを推奨しています。
そこで、重要視しなければならないのが会員増強と会員の維持です。
本年度の南ロータリークラブのテーマを『希望』と掲げさせていただきました。
未だ衰えないコロナウイルス、その影響で多くの人達が困難な状況にさらされています。
特に飲食業の皆様は大変な思いをしていることでしょう。又、近年ではロシアのウクライナへの軍事行動、紛争など、罪のない人々が毎日死に追いやられているこの状況下をニュースなどで見ると胸が痛く辛い思いになります。

わたしたち南クラブではここ三年程、休会や、簡略化した例会が続いております。
IMも中止になり、入会歴の浅い会員、長期欠席の会員はロータリーというものに興味が無くなってしまい、退会者が出るというのはやむを得ないかもかもしれませんが、それらを未然に防ぎながら楽しく有意義のある例会作りを行いたいと思います。会員の維持、増強に更なる希望を持ち、この一年間をよりよいものにしたいと考えております。

会長挨拶

釧路南ロータリークラブ会長
菊 地 祐 司
 

                       



































    


   重点目

1. コロナウイルス以前の例会への見直し(手袋をはめての友好の握手等)
2. 会員の増強と維持(コミュニケーションをとる)
3. 出席率の向上 (ZOOMをフル活用する)
4. 地区の行事への積極的な参加


2022-23年度 RI会長 ジェニファー E. ジョーンズ

R Iテーマ

「 イマジン ロータリー 」





2022-23年度 RI第2500地区ガバナー  久木 佐知子 

地区スローガン 
「 ともに紡ごう! ロータリーの未来へ 

〜大きな夢を紡ぐために〜
1 DEI(多様性、公平さ、インクルージョン)を取り入れ、クラブの活性化に努めましょう。
2 ロータリーの奉仕のインパクトを広め、公共イメージの向上をはかりましょう。
3 クラブの戦略計画を立案し新たな事業に取りくみましょう。
4 RLIを推進し、新しいリーダーを育成しましょう。
5 「ロータリー奉仕DAY」に今年も参加をしましょう。
6 ローターアクターと共に奉仕活動を拡大させましょう。
7 年次基金寄付ゼロクラブを達成しましょう。
8 ICTを利用して交流の輪を広げましょう。
9 新クラブの設立に向けた準備をしましょう。
10 ポリオ根絶に協力しましょう。