釧路南ロータリークラブ テーマ
『南RC 会員はロータリーの目的を理解し、お互い協力し合い、
地域に奉仕できる「心豊かな」人を目指しましょう』
2018〜2018 年度 国際ロータリー会長 バリー・ラシン
RI テーマ『インスピレーション』になろう(直感・瞬間的な前向き
な刺激的変化・才能・熱意)
2018〜219 年度国際ロータリー第2500 地区ガバナー 細川 吉博
活動方針
『行動するロータリー、つながるロータリー〜ロータリーの未来を考えよう〜』


私は2012 年2 月17 日に入会して早6 年目を迎えています。
まだまだロータリーを理解しておらず、各クラブの皆さんや南クラブの皆様の
お力を借りしなければ運営及び活動を推進していけません。力不足ではありま
すが会長、幹事共々職務を全うさせていただきますので、ご指導ご鞭撻を宜し
くお願い致します。
さて、本年度RI 会長のバリー・ラシン氏は「インスピレーションになろう」とテー
マを掲げました。ロータリーの奉仕は世界中の家族や地域社会の人々の生活を変えていくように
なった結果、活動の成果を高めるために、他団体とのパートナーシップや奉仕の重点分野
を生み出しました。ロータリーは、可能性を指し示し、そこに到達する意欲を引き出し、行動を通じて世界の未来につながる直感的なひらめきを大切に、地域社会を創りあげましょう、と話しています。
又、2500 地区ガバナー細川 吉博氏も上記活動方針を掲げ、ロータリーのビジョン声明に基づき、私達は「世界を変える行動人」として活動することにより、自分自身のみならず、多くの他の人に大きな贈りものを送ります。そして、未来へつながるインスピレーションを絶えず与えることにより、地域社会や世界中の人々に貢献して平和を推進して行きます、と話しています。
2018〜2019 年度南ロータリークラブ テーマは『南RC 会員は、ロータリーの目的を理解し、お互い協力し合い、地域に奉仕できる「心豊かな」人を目指しましょう』と掲げさせていただきました。南RC は今年度、37 年目を迎え、創立40 周年記念式典もカウントダウンされました。先輩の皆さんが築いて来た歴史は偉大なものであり、これからも次の世代に承継されなければなりません。私達は今一度、RC の目的を理解しつつ、地域における自分たちの立ち位置や、奉仕に係るための条件とは何か原点回帰しなければなりません。RC は寄附の団体でもありません。自分達の会社・企業がしっかり成り立った上で、前向きな変化を求める奉仕活動を出来る事が大事だと考えています。共有する仲間と地域奉仕活動を通じて、人間形成に努め、「心豊かな」人を目指すことがロータリーの役目だと思います。ご理解、ご協力を宜しくお願い致します。

会長挨拶

釧路南ロータリークラブ会長  
亀  岡  孝
 

   ◎会長方針                    
          






       

      



























          【
クラブ重点目標

1. 会員増強(男女共)と退会者防止及クラブ研修リーダーの任命
2. 楽しめる例会プログラムの企画
3. 例会出席率向上に向けた理解と協力
4. 各委員会の役割と相互協力
5. 地区活動目標の理解と実践
6. ロータリー財団、米山記念奨学会活動への理解と協力
7. 新例会会場移転の理解と運営の協力


2018-19年度 RI会長 バリー・ラシン

R Iテーマ

「 インスピレーションになろう 」




2018−19年度 RI第2500地区ガバナー  細 川 吉 博 


 
RIテーマ 「 行動するロータリー、つながるロータリー
                          〜ロータリーの未来を考えよう 」